平田神社

過酷な歴史を経て、今尚信仰篤き神社
日本武尊が熊襲征討のため西下し、平田川の伊倉河口より上流へ、岸壁にある年の森に身を寄せ、現在地の東南高台の地御山に宮居を定め、御駕留め給いし処に高徳を慕い、御事蹟を讃え尊を祭神として創祀したと伝えられている。
由緒、古文書は天正年間大友宗麟の兵により社殿は焼失したが、現在は再建されている。

より大きな地図で 川南町 を表示