平田神社

過酷な歴史を経ていまなお信仰の篤い神社
 

日本武尊(ヤマトタケルノミコト)が熊襲征討のために西下して
近くにある「歳の森」に身を寄せていたことから
その高徳を慕い、尊を祭神として創祀したと伝えられています。 

由緒、古文書などは天正年間大友宗麟の兵により
社殿と共に喪失してしまいましたが

1594年に再興されたといわれています。

「歳の森」は現在神社そばの田んぼの中にあり
県指定古墳にも指定されています。

季節ごとにお祭りなどもあり、地元の人たちから親しまれている神社です。
さらに詳しく知るには川南町 平田神社HP


より大きな地図で 川南町 を表示