川南古墳群

 太古の昔より現在に残された、巨大な古墳の数々は圧巻
 

標高約60mの国光原台地の西別府地区の0.5㎢の範囲で
4世紀頃から6世紀の終わり頃にかけて
約300年間にわたって造られた古墳群です。
100mを超える大きさの前方後円墳は
その地方の最有力者であることが多く
現在の宮崎県知事のような存在であったと思われます。

昭和36年(1961)に国の史跡に指定されています。


より大きな地図で 川南町 を表示