篠原滝(みょうと滝)

 二つの滝の水が流れ落ちる様は、まるで夫婦のよう
別名『夫婦滝(めおとだき)』と言い、高さ約20m、幅約10m、滝壷は浅い。向かって右側の流れが男滝である。
この滝は古くから白鬚明神と共に地域の人々の信仰の対象となり、秋の実りや地域の喜びごとなどの娯楽の場でもあった。
滝の上流西側から丘陵一帯は、秋月藩のお狩り場となり、「造林」「大内鹿倉回り」の役を仰せつかっていた小嶋家、隅江家の子孫も現存している。

より大きな地図で 川南町 を表示